やりたいことがありすぎて困っていませんか?そして、頭の中がごちゃごちゃしていませんか?
今回は「やりたいこと、やるべきことを整理する方法」を皆さんにシェアしようと思います。

こんにちは、ひろたつ(@hirotatsuuu)です。

突然ですが、こんな悩みはありませんか?

  • 「やりたいことがありすぎて困っている」
  • 「やりたいこととやるべきことを混同してしまう」
  • 「いろいろと考えすぎてしまい、頭の中がごちゃごちゃ」

今回はこういった悩みを解決します。

この記事を書いている僕は、、、海外でフラフラしています。

海外でフラフラできる理由は「やりたいことが整理できているから」です。

やりたいことが整理できていると、やるべきことの順番が明確になります。

そして自分がなにを行動すればよいのかがわかります。

やりたいことやるべきことを整理することができると、本当に自分がしたい行動が見えてきます

そして僕は海外で放浪するという行動をしています。

この記事では「やりたいことを整理したい人」に向けて、僕なりの「_やりたいこと、やるべきことを整理する方法_」を書いていきます。

※この記事は3分ほどで読み終わります。3分後には「やりたいことを整理し、行動を起こせる」状態になっているはずです。

結論:やりたいことを整理する流れ

まず、やりたいことを整理する流れ(結論)を先にお伝えします。

  1. すべて書き出す
  2. ラベリングする
  3. プライオリティ順に並べる

順に見ていきます。

まずはすべて書き出す

といういわけで、まずはすべて書き出してください

ノートなどの紙媒体でも、パソコンのメモ帳でも何でも良いです。

まずは今頭の中にある「やりたいこと」「やらなきゃいけないこと」を全て書いてください。

とは言っても、全て完璧に書き出せる人はいないでしょう。

安心してください。

全て完璧に書き出すなんてことはしなくていいです。

今パット思いつく限りを書いてください

そして、後から出てきたらその時に書き加えてください。

  1. とりあえず思いつく限り書き出す
  2. 整理する
  3. 行動する
  4. 「あ、これもやりたい!」というのが出てくる
  5. 書き加える
  6. 整理し直す(枠ができているので簡単です)
  7. 行動する

こういった流れで、どんどんサイクルを回していくイメージです。

今思いつく限り、全て書き出してください。

コラム:Will Can Mustの輪

思考整理フレームワークとして「3つの輪」というものがあります。(自己分析フレームワークとも言います)

「Will」「Can」「Must」の軸で自分を整理して、この3つが重なる部分を仕事にすると、やりがいを感じながら能力も発揮でき、さらに周りからも必要とされるような仕事ができるといったものです。

今回の話に少し関連する内容となっているので、気になる方は調べて見てください!

書き出したものを整理する(3ステップ整理)

自分の頭の中にあるものをすべて書き出しましたか?

書き出せたら、次は整理する段階です。

整理するには以下の流れで行います。

  • 緊急度のラベリングをする
  • 重要度のラベリングをする
  • プライオリティを付ける

緊急度のラベリング

書き出したものを整理するには、まず「緊急度」を付ける必要がります。

  • 今すぐやらなければならないことは「高」
  • 今すぐじゃないけど、近いうちにやらなければならないことは「中」
  • いつかやりたいけど、最悪やらなくても大丈夫なことは「低」

といったイメージです。

重要度のラベリング

次に行うのが「重要度」を付けることです。

重要度のイメージは「自分の思い」です。

そして、例えば「英語とプログラミングを両方とも同じくらいやりたい!」といった場合でも、自分の将来の姿から逆算して_必ず重要度に差をつけてください_。

思考の方法を例としてあげると、

  • プログラミングで食べていきながら、英語でも会話をしたいのか
  • 英語で食べていきながら、プログラミングもしたいのか

といった感じです。

  • 前者であれば、生きるために「プログラミング」が必要です。「英語」は身につかなくても死にません。
  • 後者であれば、生きるために「英語力」が必要ですね。「プログラミング」は趣味のようなものでしょう。

こういった流れで、全てに重要度を付けてください。

図で整理すると見やすいです

ここまでで、書き出した事象に対して「緊急度」と「重要度」が付いたと思います。

(これをラベリングと言います)

そして、文字だけでも良いのですが、人は「図」にするととてもわかりやすく感じる生き物です

執筆屋のあんちゃさんのツイートを参考にさせて頂きます。

緊急度-重要度の2元マトリクス」ですね。

これは必須でありませんが、やってみるとわかりやすいかもしれません。

実際に行動しましょう

最後に、「緊急度」と「重要度」が付いた事象をプライオリティの高い順に並べます

※プライオリティとは優先度です。

緊急度が高く、重要度も高いものが上に、緊急度が低く、重要度も低いものが下にきます。

(緊急度と重要度の関係性は「緊急度>重要度」です。)

そして、_上から順にあなたが今すぐにやるべき行動です_。

これで、思考の整理ができました。

やりたいこと、やるべきことはたくさんあると思いますが、このように整理してから上から順番に行動していくと、必然的に自分の思い描いた未来に向かうはずです

そして、これはあくまでも思考の整理でしかありません。

整理して満足してしまうのが人間というものですが、読んでいるあなたは違いますよね?

思考を整理した後は、行動しましょう。

なぜ整理したのかを考えてみてください。

行動するために整理したのではありませんか?

ひろたつ