【FCPX】動画編集ソフトFCPXを初めて使う方へv2

FCPXの使い方

はいどーもー
これは、前回の続きです〜
Final Cut Pro Xの使い方を調べてまとめてみました〜

はじめに

あらためまして、ひろたつ(@hirotatsuuu)です。
今回もFCPXの使い方についてです。

前回の記事はこちら

【FCPX】動画編集ソフトFCPXを初めて使う方へ

音楽の挿入

動画を編集していると、映像だけでなく、音楽を入れたいな〜と思うことがあるのではないでしょうか?
BGMや効果音など、音による表現は多彩です。

Final Cut Pro Xで音楽を入れるには、、、
1. ライブラリを選択
2. なにもないところで「メディアを読み込む」をする
3. 入れたい音楽ファイルを選択
4. 動画と同様の方法でタイムラインに音楽を挿入

また、Final Cut Pro Xにデフォルトで入っている音楽を使うこともできます!

左上の音楽マークをクリックするとサウンドエフェクトの中に沢山のBGMがあります!!!

フェードイン、アウト

音楽ファイルはいきなり「プツリっ!!!」と切れてしまうと違和感がある。

そこで使うのがフェード!!!
音楽の一番端っこを選択し、小さな丸をクリックしてフェードしたいところまで持っていく。
丸の場所を移動した分だけフェードされる。

音量の調節

音量を調整するのは、動画を作成するにあたって、とても重要度の高いものです。
音量を調整するには以下のようにします。

  1. 動画や音楽のタイムラインを選択
  2. 右上のボリュームを調整

また、複数ファイルをまとめて選択して、いっぺんに音量調節をすることも可。

さらに、タイムライン上で、対象を選択して、下の方にカーソルを合わせると、、、
簡単に音量を調整することができます!!!(便利!!!)

文字の挿入

動画編集といえば、、、文字ですよね!
ただの映像では何も面白くありません。。(面白いものもあります!)

字幕などを入れる事により動画のクオリティが上がると思います!

文字を入れるには、、、
1. 左上の文字のやつをクリック
2. はじめは、「カスタム」を使いましょう。
3. カスタムを選択していつものようにタイムラインに持っていく
4. テキストテロップの長さと動画の長さを調節する
5. タイムラインにあるテキストテロップを選択
6. 右上にテキストテロップの編集ができるようになる
7. 表示される文字の内容、フォント、色、場所などを編集する

これで、自分の求めている文字を動画に挿入することができると思います!

実際に文字を入れるときは、同じサイズ、色、フォント、場所のテキストテロップを使うと思うので、コピペして使いましょう!

トランザクションの挿入

動画と動画が切り替わるときに何かを入れたいな〜と思ったことは無いでしょうか、?
ありますよね?
てか、あります。

そんなときは、、、トランザクション!!!

使い方は、、、
1. タイムラインの右上の横砂時計みたいなのをクリック
2. 使いたいトランザクションをドラッグアンドドロップ!
3. 今回は、試しに、よく使うであろう、「クロスディゾルブ」を使ってみましょう!
4. 動画と動画の間にトランザクションを持っていきます。動画が合成されましたか、?

※トランザクションの注意
テキストとトランザクションがかぶると、、、ダサいですw
なので、トランザクションにはテキストがかぶらないようにしましょう。
そうすれば、先にテキストが消えて、その後にトランザクションが始まるといった流れになり、かっこよくなります!(あくまでも主観

まとめ

以上、音楽と文字の挿入、トランザクションでした!

良いYoutuberライフを〜〜〜

ひろたつ。

参考

https://douga-tec.com/?p=18454
https://douga-tec.com/?p=18494
https://douga-tec.com/?p=18518

コメント

Leave a Reply