ヒッチハイク日本一周の旅(始める前のお話編)

ヒッチハイク日本一周の旅(始める前のお話編)

はいどーもー

ヒッチハイカーのひろたつです。

ヒッチハイクで日本一周の旅をしてきたので、そのお話です〜

今回は、ヒッチハイクで日本一周をしようと思った理由やどういう感じで旅をしていくかの前段階のお話です〜

よかったら、読んでやってくださいな。

はじめに

ヒッチハイカーとして親しまれている(らしい)ひろたつです。

今回、ヒッチハイクで日本一周をしようと思った理由をお話しようと思います。

また、ヒッチハイクで日本一周の旅をどういうかんじでしていくのかの前段階についてお話しいようと思います。

なぜヒッチハイクで日本一周をしようと思ったのか

なぜ、ヒッチハイクで日本一周をしようと思ったのか。

理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、今までのヒッチハイクに関する理由です。
もうひとつは、今後の世界一周に関する理由です。

順番にお話していこうと思います。

今までのヒッチハイク経験

僕は今までにヒッチハイクで日本のいろいろなところを行ったことがあります。

プロフィールにも軽く書いているのですが、

はじめてのヒッチハイクは名古屋でした。

それ以降も、北海道、博多、香川、長崎、大阪等色々なところをヒッチハイクで行ったことがあります。

ただ、今までのヒッチハイクはほとんどが片道で、東京から目的の場所に行くまでヒッチハイクをするといったものでした。

例えば、はじめての名古屋へのヒッチハイクは、

まず電車で用賀駅まで行って、そこから歩いて用賀インターまでいき、そこからヒッチハイクで東名高速道路を通って名古屋に向かい、名古屋で遊んでから、帰りは高速バスで帰ってくるといったものでした。

つまり、たしかに「名古屋へヒッチハイクで行った」といえば間違っていないのですが、しっかりとやりきれていない感はあります。

(当時は、片道だけでもとても苦労して達成感に浸っていたのですが、何度もやるうちにだんだんと感じ方が変わっていったのですね、、)

そして、僕は思いました。

「家から出た瞬間から家に帰ってくるまで、ヒッチハイクと自分の足だけで日本一周をしたい」

これが1つ目のヒッチハイクで日本一周をしようとおもった理由です。

簡単に言うと、ヒッチハイクでいろんなところはいってるけど、結局中途半端だなと思って、しっかりとなにか達成して、「自分はこれをやりました」と言いたいという感じです。

今後の世界一周に向けて

僕は、これから、世界一周をしようと思っています。

世界は広く可能性に満ち溢れています。

多くの困難も待ち受けているでしょう。

そんな中で僕が思ったのは、「世界一周をしようとするやつが日本一周ができないわけがない」「日本一周ができないようじゃ世界一周なんてできるわけがない」ということです。

つまり、世界一周の前段階として、日本人ならば日本を一周してから行ったほうがいいんじゃね、?って思ったんですw

もし日本一周ができたら、世界一周に向けてはずみがつくかなとも思いましたし、世界一周中も「自分は日本一周をしたんだ」というのが心にあるとなにかいい感じかな〜ってなんとなく思ったんですw

簡単に言うと、日本一周してから世界一周したい!ってことです!

理由のまとめ

以上をまとめると、ヒッチハイクを何度かしているけど、結局ちゃんと達成したものがないな〜と感じて、何か一つヒッチハイクで達成したという理由と、

世界一周の前に日本一周をしたいというのが合わさって、「ヒッチハイクで日本一周の旅」をしようという感じになったのです。

旅のルートとルール

次に、どういう感じでヒッチハイク日本一周をしていくか、という話ですね。

まずはルートから。

日本一周のルートは、Google先生に最南端と最北端を聞いて、

最南端が鹿児島県にある「佐多岬」で、最北端が北海道にある「宗谷岬」であることがわかり、この2つを目標にヒッチハイクをすることを決めました。

また、ルートに関して、同じ道を行って帰ってくるのは味気ないし、日本一周っぽくないなと思ったので、できる限り同じ道は通らないようにしようと決めました。

なので、、、少しネタバレになりますが、九州入が下関を通ったので、九州から出るときは大分県からフェリーで四国の愛媛県に行きました。
また、行きが東名を通ったので、北海道に向かうときは日本海側を通りました。
北海道内の札幌から稚内間も、行きが40号線という真ん中にある道を通ったので、帰りは海沿いを通りました。

こんな感じでルートをできるだけ同じ道は通らないというルールを自分の中に作りました。

また、お金に関してもできる限り抑えることを決めました。

フェリーはしょうがないと考え、それ以外のお金はできる限り使わないということを自分の中で決めました。

ご飯はできる限り自炊する。そのためにクッカーを持っていきました。

飲み物はサービスエリアとかにある水を水筒に入れたり、公園の水を水筒に入れたりしようと決めました。

宿には泊まらない。そのためにテントや寝袋を持っていきました。

あと、これは半分ネタなのですが、、、
洋服を着替えないというルールをも自分の中に決めました。
このルールは途中から決めたものです。
一応着替えや洗うための折りたたみバケツも持っていっていたのですが、今後世界一周で汚い状態というのが続くと思ったので、今回の旅中は洋服を変えないで汚い状態に慣れようと思いました。

あとは、ルールとは少しずれるのですが、できるだけ早く行くというのも自分の中に決めました。
今回の目的が日本一周なので、観光等の優先度は低く設定しました。
観光したいなら、次の機会にして、今回はヒッチハイクで日本一周をすることを第一優先にしようと決めました。

まとめ

旅のタイトルは、、、
「ヒッチハイクで日本一周の旅」

旅をする理由(目的)は、、、
– ヒッチハイクでなにか一つ達成するため
– 世界一周の前座

旅のルートは、、、
– 東京(家)出発、佐多岬経由、宗谷岬経由、東京(家)着
– できる限り同じ道を通らない

旅のルールは、、、
– ヒッチハイクと自分の足のみで移動する(フェリーは可)
– お金はできる限り使わない
– 洋服を着替えない
– 最速を目指す(旅の目的がブレないようにする)

おわりに

てなかんじで、「ヒッチハイクで日本一周の旅」を整理しました。

意外とまめに、どういう感じで旅をするかというのを考えていたんですねw

次からは、、スタート編、佐多岬編、宗谷岬編、ゴール編などが続くと思います(まだいつ投稿するかは未定ですがw)

とても楽しい旅でしたので、ぜひこれからも引き続き見てくださいな〜〜〜

次のブログがこちら

ヒッチハイク日本一周の旅(スタート編)

よろしくおねがいします。

以上、ひろたつでした。

ばいばーい

コメント

Leave a Reply