ヒッチハイク日本一周の旅(スタート編)

用賀インターへヒッチハイク

はいどーもー
ヒッチハイカーのひろたつです。
今回は、ヒッチハイク日本一周の旅のスタート編です〜
よろしくおねがいします〜

はじめに

まず、これが前回の記事です↓↓↓

ヒッチハイク日本一周の旅(始める前のお話編)

もし、まだ読んでいない方は、ぜひ今までの記事を読んでいただけると嬉しいです〜
たぶん、最初から順番に読んでいってもらったほうが、、、楽しいと思います〜

スタート

2018年8月某日
午後13時半をまわったところ。。。

日程はお盆の帰省ラッシュに合わせているので、車通りは多いハズ!(ちょっとずるいw

はい、えーーー
日本一周ヒッチハイクの旅、始めます!(笑)
流れとしては、、家から出発して最南端の佐多岬に行ってから最北端の宗谷岬に行って家に帰ってくるというルート。

まず、前回の記事でも言ったとおり、ドアを出てから帰ってきてからドアを開けるまですべての移動手段をヒッチハイクか自分の足で行うので、

家を出てからまず向かったのは、近くの大きな通りです。w

気温は、、30度を超えていたでしょうね、、
一番熱い時間帯に家を出てしまいました。。涙
(しくった。。。
(もっと早く出ていれば、、、

てなわけで、歩いて近くの環八まで歩いていきました〜
ざっと、、1時間くらいですかね、、
くっそ汗かきましたwww

もう、汗かきすぎて、水筒の水が半分くらい飲み干してましたねww
いかんせん、、ザックが、、重い!!!
本当に、、

くっそおもすぎて、肩取れそうだった。。終始。。

ま、
なんやかんやで環八に着きました!!!
いえ〜〜〜〜い!

ということで、環八についてからヒッチハイクを始めるのでした〜〜
スタート!

ヒッチハイクのポイント

環八についてからは、用賀インターに向けてヒッチハイク!
といっても、何も考えずにその場でやり始めてもだめなので、、、

まずは、用賀インターの方に歩きながらいい感じのところを探します!

ヒッチハイクをするポイントは3つ!

  1. 車通りが多いこと
  2. 車のスピードが遅いこと
  3. 止まれるスペースがあること

車通りが多いこと

車通りが多いことは、簡単に言うと数ですね、
単純に母数が多ければそれだけ確率が上がるよねっていう話。以上。

車のスピードが遅いこと

車のスピードが遅いことに関しては、
車のスピードが速いと、それだけ視界が狭くなり見てもらえなくなる。
また、止まりづらくなる。(危なかったりする。。
というわけで、できるだけ車のスピードが遅いことが望ましいのです。

止まれるスペースがあること

止まれるスペースがあることに関しては、
ヒッチハイクをしているポイントの少し先に止まれるスペースがないと、単純に「乗せてあげてもいいかな〜」ってなっても、「あ、でも止まれないや〜涙」ってならないため。
たまに、止められなかったら、そのまま先までいって、Uターンして、わざわざ来てくれる方もいらっしゃいますが、、、
普通は止められなかったらそのままスルーされます。。
なので、止まれるスペースがあることはとても重要です。

夜は、、明るさ等も意識しないといけませんが、日中は上記のポイントを押さえていれば、まず行けるでしょう。
(場所に関しては、ね。

場所以外にもヒッチハイクにはポイントがいくつか、、、

  • 立つ向きを間違えないこと
  • ボードの書き方
  • 清潔感
  • 雰囲気
    …etc

などなどですね。

立つ向きを間違えないこと

立つ向きを間違えないことは、あたりまえ。
北に行きたいのに、南に行く車に対してボードを向けていてもだれもその先にいかないよね〜って話。
たまに優しい方が、「兄ちゃん方向逆やで〜」って教えてくれることがある!!!涙涙
できるだけ地図とかをみて、方向があっているか確認すること。
わからなければ、地元の人に聞いて確認すること。
場合によっては、どっち方向に行く車でも行かないよ〜ってこともある。
その場合は、行きたい方向に行く車が多い通りを聞くこと。
これは、、、とても大切ですね〜〜

ボードの書き方

ボードの書き方は、いろいろと考え方があるので一概には言えませんが、
僕は、とりあえず、最終ゴールから逆算して、ポイントを洗い出して、そのポイントを書いていくようにしています。
例えば、家から始める場合は、まず大通りに行って、そこから、「〇〇インター」って書いて、その後に「〇〇SA」って書いて、その後に、「〇〇駅」って書くみたいな。
僕の場合は、、、
1. 「用賀インター」
2. 「海老名SA」
3. 「〇〇SA」「〇〇方面」…
って書いていく。
まぁ、最終ゴールに向けて、臨機応変に変えていくけど、、、そのへんはセンスかなw

清潔感

清潔感もとても大切。
逆の立場で考えて、汚いやつを乗せたいとは思いませんよね。
そういうことです。
できるだけ、きれいに見えるようにする。これは大切ですね〜
まぁ、普通にやってれば汚く見えることはないのですが、、
旅の中盤から終盤にかけては、、洋服とかをあまり気にしなくなるので、、汚くなるかも、、
そのへんはうまくやりましょう〜
(僕は今回の旅一度も服を変えていませんが、うま〜くやりきりましたw

雰囲気

雰囲気も重要。
これは、乗せる側の主観が入るのでなんとも言えませんが、、、
個人的な考えとして、なんか「僕、安全ですよ感」を出すのが大切だな〜って感じます。
例えば、できるだけ笑顔でいるとか。
あとは、、ちょっとずるいですが、「やばいんです。助けてください。。誰か〜感」を出す。
これは、、実際に北海道でやりましたww
すいません。。。
そのへんの話は、後々。
なので、僕の主観では、髪を染めている人よりも黒髪のほうがいいと思います。
背が高い人よりも低い人のほうがいいと思います。
ガタイがいい人よりもひょろい人のほうがいいと思います。
大人っぽい人よりも若く見えて、童顔系の人のほうがいいと思います。
黒い服よりも白い服のほうがいいと思います。(完全に独断と偏見。w)
という感じですねw
このあたりは、テキトーに聞き流してくださいw

上記以外にも、大切なポイントはいくつもあると思いますが、、僕が今パッと思いついたのはこんな感じです〜

一台目

ヒッチハイクのポイントが長くなりましたが、一台目!
いい感じのポイントを見つけて、そこでザックを置いて、いざ、ヒッチハイク!
ボードに「用賀インター」と書いて、ずっと立っています。
僕が立っていたのは信号近く。ここは、王道パターンで、信号では赤のときに必ず車が止まるので、見られやすい。という理由。

こんな感じですね。↓↓↓

用賀インターへヒッチハイク

用賀インターへヒッチハイク

なんやかんやで30分もしないうちに一台の車が、、、

一台目、ヒッチハイク、成功!!!!!!!!!!!!!!!
いぇ〜〜〜〜い!

30代くらいの男性一人の方でした。
本当にありがとうございました。

台風予報で予定をキャンセルしていたが、思っていたよりも台風がしょぼくて、ひましてるという方でした!ありがたや〜
用賀インターの近くのコンビニまで乗せていただきました。

そして、、、おろしていただいたコンビニから用賀インターの近くのマクドナルドまで歩きました!
(用賀インター前のマクドナルドは、、、ヒッチハイカーの聖地と言われています。ご参考までに。)

おわりに

はい。
日本一周ヒッチハイクの旅が始まりました!!!
まだ、一台しか乗っていませんが、これから鹿児島県の佐多岬に向けて頑張っていきますよ〜〜〜

ぜひ、次の記事もチェックしてくださいな〜

ヒッチハイク日本一周の旅(九州上陸)

では、以上、ひろたつでした。
ばいなら〜

コメント

Leave a Reply